読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロマンティック・歩きスマホ

かわいい子とすれ違ったり、青空が見え始めたり。スマホを見ながらの、たった数歩の間に、目の前のステキな出来事を見逃しているかもしれない。 ——という文言で始まる広告がJRの車内に貼ってあって、これは要するに「歩きスマホはやめようね!」というメッセ…

イースター?

たまに誤解されているようだけれど、イエスが墓からよみがえったのは十字架で死んだ三日後・・・ではなく、死んで三日目・・・である。十字架の上で息を引き取ったのが金曜日の午後三時頃、その後ある議員(隠れてイエスを慕っていた)に引き取られて墓に葬…

人生の背景色

ヘッドホンを外すと、窓の外に雨の音が聞こえた。 いつから降っていたのだろう、ちっとも気が付かなかった。 ヘッドホンの内側の音世界というものは、外側の音世界に対してどうもいささか閉鎖的で、無関心すぎるところがある。(もちろんそれがヘッドホンの…

趣味はブログ。

新年度一日目の仕事は、同い年の友人の結婚披露宴だった。 新郎新婦は友人とその夫だし、参加者はほぼ身内だし、スマートカジュアルだし、ボランティアだし、仕事というほどのものではないのだけれど、頼まれてピアノを弾くとなると、相手が誰であれ「わかり…

好きな詩人(ひと)

嗚呼、最果タヒ(さいはてたひ)が好きだ。 一番好きな詩人(現代詩人)は、と訊かれたら間違いなく「最果タヒ」と答えるだろうけれど、二番目は、って訊かれたら答えられない。そもそもそんなにたくさん詩人を知っているわけではないのだ。「知っている」と…

うぐひすの歌

窓の外で鶯が鳴いたので、久しぶりに書棚から歳時記を取り出してぱらぱらと眺めてみる。俳句の世界では鶯のことを「初音(はつね)」ともいうらしい。初耳であった。 おのづから聞ゆるものに初音かな/長谷川櫂 鶯にせよ、桜にせよ、春はとにかく詩欲をかき…

東京行きたいな。

標準語(というか東京語?)において、「東京行きたいな」という文は文法的に正しいのだろうか。 文章を書く時は基本、標準語をベースに書いているのだけれど、実際のところ自分は標準語のネイティブスピーカーではないから、ちょっと逸脱しているかもしれな…

エッセイを書く人々

エッセイという文芸ジャンルの面白さに目覚め始めている。 松田青子[まつだあおこ]は偉大である。偉大な作家と呼びうるほどの地位を実際得ているのかは知らないけれど、こういう世代にこういう面白い作家がいるのだ、日本語もまだ終わってないなと僕に思わ…

猫的商売

先週、猫関連の記事を投稿したのがちょうど猫の日(2月22日)だったのだけれど、これははっきりいってまったくの偶然だった。だいたい、2月22日が「猫の日」といわれていること自体、最近まで知らなかったのだ。 このところ、新しい「○○の日」を目にするたび…

夏目漱石との思い出

『吾輩は猫である』を久しぶりに再読しながら、大学受験時代を思い出していた。 高校三年生になってからはさすがに少しは受験生らしい生活をしなければと思って、ピアノを弾く時間を削ったり中学時代から熱心に継続していた『ラジオ英会話』を聴くのをやめた…

先生、あの、

「ゆるめるモ!」という女性アイドルグループのメンバーに「あの」という子がいて、この子をTwitterでフォローしているのだけれど、アカウント名「あの」がすべてのツイートの頭に付くから、毎度毎度ツイートの冒頭で「あの、」と間投詞を入れて話しかけられ…

SNS世代の読解力

先週、文字で気持ちを伝える話を投稿したちょうどその日に、読売新聞の一面で「読解力が危ない」などというコラム記事の連載が始まって、あまりにタイムリーだったので思わず興奮して切り抜いたりしてしまった。(新聞記事を切り抜いたのなんて、いったい何…